2017年06月29日

半夏生

あじさいが、梅雨のジメジメとした湿度の高い不快感を和らげてくれますねぇ。
ピンク、濃いピンク、紫、あお、水色・・・色とりどりのあじさいが、とっても可愛い光るハート


話は変わりますが、皆様、「半夏生(はんげしょう)」ってご存知でしょうか?
私は、先日、お客様に教えていただきました。
「雑節」のひとつで、たこを食べる風習があるそうです。
土用の丑の日に、うなぎを食べるのは、よき言われますが・・・たこは知らなかったです。

で、夏至(今年は6/21)の日から数えて、11日目にあたる日、もしくはその日から五日間をいうそうです。つまり、今年は7/2〜6。

半夏生は、梅雨明け間近のことをさし、農業中心だったころの日本では、大切な節目で、
「ちゅう(夏至)をはずせ、はんげ(半夏生)をまつな」ということわざがあるそうです。
半夏以降の田植えは、収穫が半減するらしい。

なぜ、たこを食べるのか・・・

稲の根がたこの足のように、四方八方にしっかり根付きますように。
稲穂がたこの足の吸盤のように、立派にみのりますようにと願いがこめられたそうです。

その上、たこには、

なんと「タウリン」という栄養素が多い。
タウリンは、疲労回復、肝機能の強化、高血圧の改善、血液浄化作用(悪玉コレステロールの除去)、心機能の強化、視力改善という効能があるそうです。
素晴らしい!!

それに、味覚障害の予防や血行促進作用のある「亜鉛」も多いのだとか。

さぁさぁ、ますます(たこ)が食べたくなったでしょう?!

*たこぶつ 950円
*たこの天ぷら 1000円
*たこしゃぶ 1500円 税別表示

四国三郎で、たこを食べて、これからやってくる暑い夏をのりこえましょう〜てれてれ

*鱧料理、生ビール祭りも好評です。


ではでは、お待ちいたしておりますにこにこ
posted by 若女将 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180194877
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック