2019年01月04日

五右衛門風呂

私の里(香川県の実家)には、まだ五右衛門風呂があるんですきらきら
「若女将って、いくつなん?めっちゃ古いなぁ」って、よくお客様から突っ込まれるのですが・・・
私の祖父の家での記憶ですが、かまど、洗濯機の脱水も挟んでくるくる回すタイプのもの、蚊帳、土間、火鉢・・・昔のものをよく覚えています。
今でもあるのが、餅つきの臼
餅は兄家族が臼と杵で、ぺったんぺったん餅つきしてくれるので、とってもきめ細やかで、コシがあるんです!とっても美味しい光るハート
それと両親が今住んでいる向かいにまだ古い家があるのですが、その古い家にある五右衛門風呂風呂!
冬だけ、いまだにこの五右衛門風呂へ入りにいくのですが、とっても温まり体の芯からポッかポカ。
これを今、私の父が木をくべて焚いてくれます。
それをいつも見ている我が子がじいちゃん(私の父)から学び、真似をして焚いてくれます。
昨夜は子どもが見よう見真似で炊いてくれました!
おがくずや木片、新聞紙、マッチ、うちわ・・・いろんなものをつかって、風呂を湧かします
結構大変やなぁ〜あせあせ(飛び散る汗)と、日頃のじいちゃんに感謝しながら。
とってもいいお風呂でした温泉

こういう昔のものっていいですよねぇ
DSC_0480.JPG
いい経験をさせてもらってます光るハート
posted by 若女将 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | happy